おはようございます!
講演やセミナーの仕事で全国に出かけ、移動時間の合間に商店街やイベントを視察しています。

小売・サービス業の集客や販売促進、メディア取材を呼び込む方法などを専門に指導している、実践派講師の谷田貝 孝一です。

きのうは、守山商工会議所様が主催する販路開拓セミナーで講師を務めました。
お金をかけずにものも売らずに儲ける仕組みというタイトルで、集客やPR、販売促進の具体的な方策の他、新商品・サービスの開発の仕方についても、具体的な実例をご紹介し、「どうしてそうするのか」という本質について解説を加えました。

11148751_676878905748817_3170452684088320153_n

先月に続けて第二回目の講座は、次のような、超実践的な内容で行われました。

image.600

①リピーターを増やし口コミやご紹介につなげ、②商品の販売やサービスの受注につなる、③メディア取材を呼び込めるような、④体験教室や講座、講習会企画のつくり方⑤体験教室や講座、講習会開催・運営の方法について、⑥超実践的なワーク形式で、⑦案内チラシも作成してもらいました。

ワーク後は、カフェの来店客を増やし売上の向上につなげるため、『地元の旬な食材を活用した料理教室』を企画した女性の発表もありました。

発表していただいたこの女性、『地産地消』や『旬』、『健康』をキーワードに昔ながらの惣菜や定食、おせち料理を提供しています。
バイキングや宅配サービスも提供しています。

今回、超実践的な販路開拓セミナーを受講することで、体験教室を通じて新規のお客様を獲得する計画を立案しました。
料理体験教室の初級コースをはじめるとこうなります。

『他の体験教室を受講』『料理体験教室初級コースのカリキュラム作成』『(疑似)料理体験教室初級コースの実施』『参加者の声を訊いて改善』『メディアに連絡』集客しなくても満席になる『料理体験教室初級コース開催&メディア取材』⇒『新規来店客獲得&新たな売上』

目的は、販路開拓による新規顧客の獲得で、狙いを、収益拡大する新たな売上につなげるしくみづくり、としているところがすごいですね。

思うとおりの成果(結果)を得るためにも、この女性のように、新たな取り組みの『目的と狙い』を明確に決め、行動計画を立て、実践してみましょう!

さて、12月も講演やセミナー、勉強会の開催が予定されています。
なので、今週末も、講演やセミナー、勉強会で使用するレジュメや資料を作成するため、事務所に籠ってお仕事します。
.
.