おはようございます、半農半実践派講師の谷田貝 孝一です。
木市都賀町は、今朝もいいお天気に恵まれています。

きのうは、ツル系野菜の誘引をした後で、ヨモギ液肥(天恵緑汁)を抽出し、発根したトマトとバジルを挿し木、トマトのわき芽をかいて水に浸しました。

dav

dav

挿し木したトマトとバジルは7日前、水に浸けておいたものです。
こうして育苗することで、成長は、種から育てるよりもあたり前ですが断然早いです。

トマトのわき芽かきは3回目。
これまでよりも大きなわき芽を30本以上採ることができました。
ポットに移植しやすいよう、長さをそろえて切り戻して水に浸しました。

さて、きょうの午前中は農業資材の買い出しに出かけ、午後は、農業ビジネスのレジュメを作成した後で、また伸びてきた通路の草を刈ろうと思いいます。